2009年10月30日

九州旅行記F うみたまごと別府温泉と

いい加減、長くなってしまった九州旅行記。
やっと最終回です・・。



最終日はここからスタート


噂のPロール!!

jasmineさんおすすめの、激ウマロールケーキ。
絶対食べたかったので、電話で予約しました。
  5日前から予約できます。

画像


すご〜い行列だけど、予約しておけば
列に並ばずに、すいすい買えます。

会社のE嬢も以前食べたと言っていて、
夫婦2人で、1本の2/3を一気に食べてしまったという・・。
それはいくらなんでもねぇ・・?と思っていたら



shibaoと2人で、1本を一気食いしてしまった!!

本っ当においしすぎるんですよ。!!!



次は話題のスポット「うみたまご」

画像


別府地獄の1つ、血の池地獄。

赤くてびっくりしたけど、
お湯じゃなくて、下の泥のほうが赤いの。

画像



お昼は別府八湯の明礬(みょうばん)温泉で地獄蒸し料理

●岡本屋 売店

画像




最後は別府八湯の中でも代表的な
「鉄輪(かんなわ)温泉」にて

●鉄輪むし湯

画像


「蒸し湯」に入りました。
こちらは和風サウナとも言うべきかしら。

薬草を敷いた小部屋に横になって、
温泉の蒸気で蒸されます。
時間は20分くらいだったかな。
熱くて汗びっしょりになりました。

ちなみになぜかこの日、入浴料が無料でした。



これで九州の旅はおしまい。

長い記事を読んでいただいて、ありがとうございました。

次回来られるのは何年後かしら〜。

2009年10月28日

九州旅行記E 湯布院 東匠庵

湯布院の宿。

シルバーウイーク中だったので、
御三家をはじめ、人気のお宿はどこも満室。

そんな中、何とかよさそうな旅館を見つけました。


●東匠庵 

エントランスを入ると、大きな窓に
すばらしい由布岳の姿が。
これは期待できそう。

画像



和モダンなお部屋。露天風呂付き。
とてもあたたまる、いいお湯で大満足。
結局お部屋のお風呂しか入りませんでした。

画像



お待ちかねの夕食は、目にも美しく、お味も最高!!
新鮮なお造り、豊後牛のしゃぶしゃぶ・・・。どれもおいしい♪
写真はその一部です。

板長は、近隣の町で割烹を営んでいたかたで、
こちらのオーナーがその料理に惚れ込んで、
呼び寄せたのだそうです。


画像


画像



翌朝の朝食も・・

画像


湯豆腐
画像



朝食後は、由布岳の見えるカウンターで
ゆっくりとコーヒーを。

画像




公式HPから予約しましたが、
休前日(シルバーウイーク中)、2名1室で23,100円(税サ込)。
夕食の1ドリンクはサービスでした。


お部屋に露天風呂付きで、このおいしいお料理なら、
なかなかお値打ちでは?!

うちのように御三家は予算オーバーだけど、
ちょっと贅沢したいな、というかたにはおすすめです!!

2009年10月24日

九州旅行記D あこがれの湯布院へ

泊まってみたい温泉No1

湯布院温泉


今回の旅行最後の宿泊地。

博多から車で2時間くらいだったかな〜。


本当は途中で、大分県日田市の

「小鹿田(おんた)焼」の里にも
寄りたかったのですが・・・。

鎌倉や表参道ヒルズで見かけて、
なかなか素敵だったの♪


湯布院を堪能したかったので、あきらめました。



湯布院に着いたらこちらへ直行

●檪の丘 (くぬぎのおか)

石釜ピザのお店です。(なぜ湯布院でピザ??)

11時の開店前に着いたけど、
開店待ちの人がたくさん!!
開店後はすぐ満席。人気のお店です。




クワトロフォルマッジ

生地がカリモチッでおいしい♪
あと1枚「4種のキノコの季節のピザ」を食べた。(写真消しちゃった・・)

とても美味しいので、1人1枚くらい食べられるかも。

画像



自家製ベーコンのサラダ

ベーコンが旨い!!

画像



テラス席で食べました。丘の上からの眺めがよかったです。
道の駅ゆふいんの近くです。

画像



◆ ◆ ◆

シルバーウイーク中の湯布院は大混雑!!
駐車場もいっぱい、道路も渋滞・・。

で、宿に車を置かせていただいて、歩いて散策しました。

宿はちょっと中心街から離れていたので、
川沿いを30分以上、ぶらぶら歩きました。
のどかな風景でした。


宿のすぐ近く、電車が走ってました。レトロでかわいかった。

画像



金鱗湖
画像



由布院御三家の「亀の井別荘」の喫茶へ

●天井桟敷

画像


味がある店内。窓から緑が見えます。

画像


名物のスイーツ「モンユフ」
クリームチーズを使ったやさしい味。

画像


画像


画像


古き良き時代を感じる、素敵なカフェ♪


jasmineさん おすすめの、「鍵屋」さんも行きました。

地元の製品にこだわっていて、
素敵なものがたくさんありました。

小鹿田焼きや木製品も・・。でもお高くて手がでない ^^;


湯布院のメインストリートは、
あまピンと来るものがなかったです。

「ばくだん焼き」とか「生キャラメル系」は
ちょっとどうなの・・・??

期待しすぎていたのかな〜。


次は素敵なお宿です。

2009年10月22日

九州旅行記C 博多食いだおれの夜

九州旅行で楽しみにしていたこと・・・

サラリーマンが出張したい街No.1の
福岡・博多グルメで食いだおれ?!


でも食べたいものが多すぎて、
胃袋が足りない〜〜。



欠かせないのはもつ鍋でしょう。
九州男児しんしんお薦めのこちらのお店へ。


●越後屋 博多駅前本店


事前に予約の電話をしたのですが、
「21時からならあいてます」とのこと・・・
やはり人気のよう。仕方なく21時に行きました。



まずは「酢もつ」
さっぱりしておいしいおつまみ。

画像


和牛のたたき も美味
楽しみにしてた牛タンなどの焼き物は売り切れていて残念・・・

画像


おまちかねの もつ鍋
白みそ仕立ての上品な味。
もつはプルプル。夢中で食べました。
揚げ豆腐の中に、ゆずこしょうが仕込まれてました。


画像


シメはちゃんぽん麺

画像


ん?どこかで見たような光景・・・と思ったら、
こちらのお姉様も最近食べてましたね♪

埼玉にもおいしいもつ鍋屋さんあるのですね!!

◆ ◆ ◆

もつ鍋の前にも実は食べてましたよ・・。

●游心 住吉店

越後屋さんの近くでした。
店内はオシャレな居酒屋風。


いわしめんたい
博多といえばめんたいこ!
いわしにめんたいこがつまっている素朴な料理。
これおいしかったー。


画像


鉄鍋餃子
一口サイズ。パリパリの羽つきでおいしい〜。

画像



中州の屋台で本場の博多とんこつラーメンを
食べたかったけど、さすがにギブアップ!!

次回来る時は、玄界灘のお魚とラーメン、リベンジしたいです。

2009年10月18日

九州旅行記B 焼き物めぐりとカフェ

九州旅行の目的の1つは・・・

焼き物の窯元を訪ねてみたかったこと。


以前から気になっていた、有田の隣にある

波佐見(はさみ)焼


代表的なのは「白山陶器」
グッドデザイン賞受賞の醤油差しが有名です。

都内にも店舗があり、雑貨店でもよく見かけます。
普段使いのシンプルな器。悪く言うと工業製品に近いかな。


この波佐見の町に、行ってみたかったお店がありました。


●HANAわくすい

画像


雑貨店、ギャラリー、カフェが併設されています。

画像



雑貨店では、こちらの施設を運営する
西海陶器さんのオリジナルシリーズ
「エッセンス」の陶器を購入。



12時になるとカフェがOPEN
開店待ちの人がたくさんいて、すぐに満席に

画像



ランチは3種類くらいあったかな。

タイカレー
画像



焼いた鶏の軽い煮込み
画像


ドリンク付き。追加でランチデザートも。

画像




その後、波佐見でも山のほうにある集落、中尾山に行きました。
十数軒の窯元が集まっています。

画像


画像


画像



至るところに陶器が使われていて面白い町並み。


シルバーウイーク中で、いくつかの窯元はお休み。

「交流館」という町営の施設で
各窯元の作品を展示販売していたので、
気に入った「光春窯」のお皿を購入。



その後「一真窯(一真陶苑)」さんへ。

工房へ向かう途中、素焼きの陶器を大量に処分している
お兄さんに声をかけられました。その人が一真窯の社長さんでした。


工房の中も見せていただきました。

窯出し間近の陶器たち。

画像


その後、一真窯のギャラリーでお買い物。

画像


窯元価格ということで、正札の半額!!
テンションが上がっていろいろ買ってしまいましたよ。


こちらの窯元の器、家でも使っていますが、
(以前、「私の部屋」という雑貨店で買いました。)
軽くてシンプルで、普段使いに最適♪

1つ1つ手彫りされた「しのぎ」という製法が特徴です。


素敵なフリーカップや
東京ドームの「テーブルウエアフェスティバル」で
好評だったという、正方形の薄いお皿も買いました。


画像



ちなみに、来週末は、中尾山で「秋陶めぐり」が開かれるそうです。

毎年4月上旬には中尾山で「桜陶祭」、
4月下旬から5月上旬に「波佐見陶器祭り」が行われるそうです。



有田にも寄って、お土産用に「深川製磁」の湯呑を購入しました。
自分的には、あまり有田焼はピンときませんでした・・。
もうちょっと年を取らないと、良さがわからないかもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。